【旅好きママが教える】子連れ海外旅行に行く時の持ち物

子供と行く初めての海外旅行!

何をもっていけば良いんだろう?って悩みますよね。

私も生後6ヶ月の息子と台湾旅行に行く前は、これで大丈夫かな?忘れ物は無いかな?と不安になりました。

なので、今回のブログでは

  • 実際に私が初めての子連れ海外旅行に持っていって良かった物
  • あったら便利だった思う物

を紹介します。

この記事を書いている母ライオンは

    

  • 国内・海外旅行が趣味
  • 1歳の息子と一緒に飛行機移動のある旅行を4回経験

まずは前提情報を紹介しておきます。

  • 旅行した国は台湾
  • 4泊5日
  • 息子:生後6ヶ月(離乳食1回)
  • 母乳とミルクの混合
  • 息子はまだ一人でお座りが出来ない

スポンサーリンク

【必需品】4泊5日の子連れ海外旅行に持っていった物

まずは、絶対に持っていく必要があるものを紹介していきます。

初めての子連れ海外旅行向けに紹介していますが、台湾の場合はこうだったよ!というのも補足していきますね!

・パスポート・チケット

絶対に忘れちゃいけないのがパスポートです。

自分の分と子供の分、2冊必要なので、パスポートケースに入れるなどしてしっかり管理しておきましょう。

私は無印良品のパスポートケースを愛用しています。

子連れ海外旅行 持ち物
無印良品パスポートケース

こんな感じで中にいっぱいポケットがついていて便利ですよ。

チケット・バウチャー・現金・SIMカードなど旅行に必要な物は全てこれに入れて持っていきます。

・SIMフリーのスマホとSIMカード

台湾旅行に関わらず海外旅行に行く時は、ポケットWIFIより断然SIMカードが安いです。

SIMカードは、旅行に行く前にネットで購入出来ることがほとんど。

今回の台湾旅行では事前にAmazonで【亜太電信 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ高速通信 速度低下なし無制限 5日】を購入。

価格は、5日間使えて570円!とっても安いので家族で行く場合は1人1枚ずつ持って行くことをおすすめします。

母ライオン
母ライオン

4泊5日特に問題なく使えましたよ〜

旅行に行く前にスマホがSIMフリーかどうか調べておいてくださいね!

・離乳食

  • 離乳食:日数分×2日分
  • 使い慣れたスプーンやフォーク
  • スタイ1〜2枚(使い捨ても持っていくと◎)
  • 小さめのタッパーを持って行って食器がわりに

離乳食は1回食だったので、日数分(この時は5日分)プラス2日分を持っていきました。

10倍粥・ペーストの野菜・ペーストの果物、全てベビーフードです。

旅行に持っていくならフリーズドライのタイプが軽いのでおすすめです。(※ホテルでお湯がもらえるか確認してくださいね!)

小さめのタッパーはダイソーでGETしました。

食器の変わりになったので便利でしたよ〜(その後日本でもお粥を冷凍するのにヘビロテしました。)

子連れ海外旅行 持ち物

・ミルク

  • ミルク日数分×2回分

混合で育てていたので、ミルクも持っていきました。

持っていったのは、ほほえみのキューブタイプ!

普通の粉ミルクよりちょっと金額が高いんですが、旅行に持っていくならキューブタイプが管理しやすいのでおすすめ

持ち運びがしやすく5キューブごとの小分け包装なので衛生面もバッチリ。

1本200mlなので、今回の4泊5日の台湾旅行では5日分プラス2日分の、計7本持っていきました。

・水筒

  • スパウトかストローのマグ

旅行に行くまでに出来るだけスパウトかストローを練習しておくと、水分補給がすぐできるので安心です。

飲み物が飲めるようになると、飛行機に乗った時の耳抜き簡単に出来るようにもなるので、練習させておいて損は無いですよ!

その他飛行機での耳抜きの方法は、こちらのブログにもまとめてあります。

・オムツ・お尻ふき

  • オムツ:1日6枚プラス少し多めに。
  • お尻ふき:新品を1つ(足りなくて現地で買い足した)

オムツは4泊5日で35枚持っていってちょっと余るくらいだったので、量としてはちょうどよかったです。

持っていったのはパンパースMサイズテープタイプです。

パンパースはスリムな作りで、オムツの中でもかさばらない方なので旅行向き

おしりふきは新品を1つ持っていったんですが、お尻を拭く以外のこと(離乳食と食べたあと口や手を拭いたり、机をキレイにしたり)に使うことが多くて途中で足りなくなり、現地で買い足しました。

台湾に行く場合は、スーパーなどで日本製のオムツやお尻拭きが買えるので多めに持っていかなくても大丈夫ですよ。

子連れ海外旅行 持ち物

・洋服・パジャマ・帽子

  • 洋服:日数分のみ(洗濯ネットに入れて持っていく)
  • パジャマ:2枚(一応持っていきましたが、ほぼ下着で過ごしていました)
  • 帽子

洗濯機がついているホテルだったので、着替え(下着・トップス・ズボン)は日数分のみ持っていきました。

海外の洗濯機は、激しく洗ってくれるタイプが多いので洗濯ネットは必需品です!

洋服をスーツケースに詰める時に、洗濯ネットで分類すると忘れないのでおすすめ

洗濯機がついていなくても赤ちゃんの服は手洗いすればすぐ乾くので、あまり多く持って行かなくて大丈夫です。

パジャマも一応持っていきましたが、家の中は下着で過ごしていたので、暖かい国にいくなら必要無いなと思いました。

帽子も必需品なので忘れないように気をつけましょう

・洗濯用品(洗濯用洗剤・ハンガー)

  • 洗濯洗剤
  • 折り畳みのハンガーや物干しロープ

赤ちゃんの洋服は汚れやすいので、洗濯機の有無に関わらず、洗濯用洗剤は持っていった方が良いです。

旅行に持っていくときは、粉タイプの洗剤が軽くて液漏れの心配も無いのでおすすめ!

私はアタックの粉末洗剤を、ジップロックに詰め替えて持っていきました。

液体を詰め替えて持っていく時は、スーツケースの中で漏れないように気をつけてくださいね!

あとは、洗ったものを干す折り畳みのピンチやハンガーも持っていくのを忘れずに

私は荷物がかさばるのが嫌いなので、洗濯ロープとピンチのセットをいつも持っていってます。

このタイプです。

100均にも売っていると思うのでチェックしてみてください!

・抱っこ紐

  • コニー抱っこ紐

抱っこ紐はコニーを持っていきました。(というかコニーしか持ってない)

コニーの良いところは軽くて、荷物としてかさばらないところ。

悪いところは、長時間の抱っこは肩と首がバッキバキになるので食べ歩きなどの観光には向いていないところです。

抱っこ紐については、ベビーカーの有無によって持っていくタイプが変わると思います。

ベビーカーが使えるならコニーのみでもOK

でも、ベビーカーが使えない観光地などで長時間抱っこする場合は、エルゴなどのしっかりした抱っこ紐がおすすめです。

一緒に台湾旅行に行った妹は、生後7ヶ月の男の子と九份に観光に行く予定があったのでエルゴを持っていってました。

でも長時間歩きっぱなしは例えエルゴでも、辛かったらしいです。

・薬

  • 子供が普段飲んでいる薬

薬は忘れないように気をつけましょうね。

スーツケースに入れてしまうとロストバゲージ(荷物が行方不明になる)する場合がまれにあるので、必ず手荷物に入れて持っていきましょう。

海外の手荷物検査で「これは何?」と外国語(主に英語)で聞かれる場合があるので、語学に自信が無い人は可能なかぎり、薬の詳細が英語で書いてある説明書を持っていくと慌てずにすみますよ。

・エコバッグ

  • エコバック2〜3個

日本もビニール袋が廃止になりましたよね。

海外も同じように、エコバッグの意識が高まってきています。

今回台湾に行った時も、コンビニで袋がもらえず困ったことが数回ありました。

エコバッグは1人1個は必ず持っていきましょう

・マザーズバッグと小さいバッグ

  • マザーズバッグ(リュックがおすすめ)
  • 小さいバッグ(サコッシュなどの軽い物がおすすめ)

海外旅行に行く時も、マザーズバッグは必需品です。

マザーズバッグは両手があくリュックがおすすめ

私は、無印良品のマザーズバッグを持っていきました。

余談ですが、このリュックは前ポケットがついていて、そこに飲み物を入れられるので、台湾旅行の時もタピオカ入れられたのでとっても便利でした。

あとは、お財布や携帯をいれる小さい斜め掛けのバッグがあると、お会計の時などにあたふたしなくてすみますよ。 

【あって良かった物】子連れ海外旅行に持っていって良かった物

次は、持っていくか悩んだけれど持っていってよかった物を紹介します!

・ベビーカー:アップリカのAB型

  • アップリカのAB型

まだ腰が座っていなかったので、アップリカのAB型ベビーカーを持っていきました。

今回の台湾旅行で「ベビーカーを持っていって街中で使えるのかなー?」と不安もありましたが、行ってびっくり!

台北の街中の段差があるところは、基本的にこんな感じで端の方にスロープがついてます

子連れ海外旅行の持ち物
台湾に行くならベビーカーは必須

ベビーカーのためなのかは分かりませんが、けっこう感動しました。

子供がいなきゃ気づけなかったなあ。

私が観光した、西門町駅・永康街・迪化街の街中は問題なくベビーカーで歩けましたよ。

日本の自宅から空港の移動でもベビーカーは使うし、今後別の国に行くとしても3歳くらいまではベビーカーは持っていくかなと思います。

・授乳ケープ

子連れ海外 持ち物

授乳する人はケープを持って行った方が安心です。

台湾にも、場所によっては授乳室があります。

でも、言葉の通じない土地で、赤ちゃんが泣き始めたら授乳室なんて探している余裕ないですよね。

妹は子連れで九份に行った時に授乳ケープがあって良かった!と言っていました。

薄手のストールタイプだと、持ち歩いてもかさばらないのでおすすめです。

・子供用のシャンプーや石鹸

  • 子供用のシャンプーや石鹸
  • 保湿剤

肌の弱い赤ちゃんは、専用のものを持っていった方が良いです。

特に海外だと水質が違うことで、大人でも肌荒れしがちなので。

私はベビー用の石鹸を持っていきました。

保湿剤と日焼け止めはアロベビーを愛用しています。

安く購入したいなら公式サイトがおすすめです。

2つで4,185円と、楽天とかで買うよりも安い値段で販売してますよ〜。

・おもちゃ

  • おもちゃは軽いものを少しだけ

荷物を減らすためにおもちゃは最小限にしましょう。

布絵本のように軽くてあまり音がうるさく無いおもちゃがあると、飛行機の機内でも遊べるのでおすすめです。

あったら便利だったなと思う物

実際に6ヶ月の赤ちゃんと海外旅行に行って、これがあればより良かったなと思う物を紹介します。

・持ち運び出来るベビーチェアベルト

椅子に取り付けるタイプのベビーチェアを持っていけば良かったなと思いました。

ベビーチェアが無いところだと、膝に座らせるしかなく、それだとやはり食事を食べさせるのが大変でした。

これは鎌倉に旅行に行った時に撮った写真ですが、こんな感じで使えるので1つあると便利だなと思います。

子連れ海外旅行持ち物

【番外編】持っていって本当に良かった物

  • メルシーポット

今回の台湾旅行に持っていって本当に助けられたのが、メルシーポットです。

重いのにわざわざ台湾まで運んだのー?って思うかもしれません。

なぜ持っていったかというと、台湾に行く数日前から息子と甥っ子は鼻水ダラダラ。

旅行先で疲れているのに、息子の鼻詰まりによってお互い眠れないということだけはどうしても避けたかったので、重たくても持っていきました。

結果、鼻水を吸うことによって機嫌もよく、いっぱい眠ってくれたので本当に持っていって良かったです。

※メルシーポット医療機器です。

精密機械なので、スーツケースには入れられません。

必ず手荷物に入れて持っていきましょう

初めての子連れ海外旅行で持ち物を減らすコツ

子連れ海外旅行持ち物

初めての子連れ海外旅行で荷物を減らすには、旅行に行く前が肝心です。

今回、私が初めて息子と海外旅行に行って思ったことは「荷物多すぎる」でした。

それでもなんとか荷物を減らせたのは、

  • 台湾だったので、万が一の場合は日本製の物が買える安心感があったこと
  • 洗濯機がついていたので洋服は最小限にできたこと

この2つが大きかったです。

つまり、初めて子連れ旅行をする時は国選びと、ホテル選びがとっても大切!ということです。

旅行を計画する段階で、赤ちゃん連れに優しい国を選びましょうね。

※洗濯機がついているホテルがない場合はAirbnbがおすすめですよ。

子連れ海外旅行は準備万端で行こう!

子連れでの海外旅行は、大人だけでいく旅行とは違います。

しかも初めての子連れ海外旅行ともなると、親も子も環境の違いにあたふたすることも。

なので前もってできる準備はしっかりしておくことが、子連れ海外旅行を楽しむコツですよ。

子連れ台湾旅行のブログを初日から読みたい人はこちらへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました