【台湾旅行】子連れにおすすめなのはホテルよりairbnb【安くて便利】

子連れで台湾を旅行しよう思った時に、どのホテルに滞在するかとっても悩みますよね。

「赤ちゃんの離乳食の用意があるからキッチンがついていて欲しい。ちょっとでも荷物を減らしたいから洗濯機もあると良いな。」と、子連れの旅行だと、ホテルにはついていない設備があると良いなと思うことも。

そこで今回私がおすすめしたいのがairbnb

初めて海外でaibnbを利用しましたが、子連れ台湾のホテル選びにはぜひ候補に入れて欲しいな〜と思えるほどとっても良かったです。

今回のブログでは

  • ホテルよりairbnbがおすすめの理由
  • airbnbの悪かったところ
  • 実際に滞在したaibnbの内装
  • 子連れ台湾旅行でホテルの選び方に困っている人へのアドバイス

を紹介していきます。

今回の子連れ台湾旅行の概要

         

  • 子連れ台湾旅行
  • 母・娘・孫(生後6ヶ月・生後7ヶ月・5歳)
  • 4泊5日
  • 滞在したのは西門町駅近くのairbnb
スポンサーリンク

台湾旅行でホテルよりairbnbがおすすめなのは安いのに便利だから!

  • 安いのに繁華街のすぐ側に宿泊できる
  • 安いのに駅近
  • 安いのに広い
  • airbnbは普通のアパートなことが多くキッチンがついてるので、離乳食を温めたり哺乳瓶を煮沸消毒したり出来る
  • 洗濯機があったので毎日洗濯することができ、持っていく洋服を減らせる

子連れ台湾旅行のホテル選びにairbnbも候補に入れて欲しい理由は、繁華街の近くなのに広い部屋に安く泊まれるからです。

なぜ赤ちゃん連れだと繁華街の近くがいいのかというと、短時間で気軽にサクッと観光ができるから。

私の場合は息子を母に預けて、ブラッと2時間くらい買い物→授乳しにいったん戻る→また買い物、といったことが出来たのは本当に助かりました。

あと、airbnbは普通のアパートやマンションタイプが多いので、キッチンや洗濯機がついていることがほとんどです。

台湾旅行の持ち物でも触れていますが、洗濯機があると洋服の量が減らせるので、それだけでも子連れには助かりますよね。

台北のキッチン・洗濯機付きホテルだと1泊1万円前後しますが、airbnbだと5000円程度なのも良かったです。

airbnbに泊まって悪かったところは思っていた設備がなかった

  • 湯船が無かった
  • レンジが無かった
  • 入り口に段差があった

私が借りたairbnbはシャワーのみでした。

でも、リスティングには「ベビーバス貸し出しあり」となっていたので、借りることで快適に息子をお風呂に入れられました。

レンジが無かったのは想定外でした。

離乳食を持っていくならレンジはあった方が良いので、赤ちゃん連れの場合は事前にホストに確認しておきましょう。

実際台湾で泊まったairbnbを紹介

実際に台湾で泊まったairbnbがどんなところだったのか紹介していきます。

予約した時の条件
  • 赤ちゃんがいるのでキッチンと洗濯機がついていて欲しい
  • 人数が多く出来れば同じ部屋がいい
  • 安くすませたい
  • 駅近がいい

この全ての条件を満たしていたので、西門町にあるこちらのairbnbを予約しました。

Access Denied

・キッチン・リビングダイニング

子連れ台湾ホテルブログ
airbnb内装キッチン

キッチンにはレンジが無かったのが不便でした。

赤ちゃん連れだと離乳食を温めたりしたいので、レンジがあるとありがたいですよね。

子連れ台湾ホテル
airbnb内装リビング

ホテルだとベッドで部屋がいっぱいで、赤ちゃんをどこにいさせたら良いのかわからない!となりがち。

でもこのairbnbは広くて段差がないので、ズリバイしたての赤ちゃん連れにはとっても良かったです。

こんな感じで布団を一枚敷いてゴロゴロさせていました。

ダイニングはとっても広くて映えな空間でした。

子連れ台湾旅行おすすめのホテル
ダイニングはインスタ映え

赤ちゃんが座れるような椅子は無かったので、離乳食をあげるときは、誰かに膝に抱えてもらって食べさせていました。

・お風呂トイレ・洗面所

お風呂はシャワーのみが3室。

湯船はありませんが、リクエストすればベビーバスを貸してくれました。

赤ちゃん連れでairbnbを予約するときは事前にベビーバスがあるかどうか確認しておくと良いですよ。

台湾子連れおすすめのホテル
airbnb内装お風呂と洗面所

写真左側に洗濯機があり、毎日フル稼働でした。

洗濯機があるおかげで持っていく洋服の枚数を減らせたので、荷物が多くなりがちな子連れにはとってもありがたい設備でした。

・部屋×3

今回は大人数での滞在だったので部屋数が多めです。

・まずは1つ目。ブランコ付きの部屋です。

台湾子連れおすすめのホテル
airbnb内装ベッドルーム
台湾子連れおすすめのホテル
airbnb内装ブランコ
母ライオン
母ライオン

私にとって旅行はホテルの内装がとっても大切なので、写真の通り可愛くてルンルンでした。

・続いて二つ目の部屋。

私は壁にベッドがくっついてるこのお部屋にしました。

台湾子連れ旅行おすすめのホテル
airbnb内装ベッドルーム

まだ寝返りを片方だけなんとか出来るくらいの月齢だったので、私が手前に寝て落ちないようにガードしてました。

・3つ目

台湾 子連れ おすすめのホテル

窓からは台湾の景色が広がっていて、それだけでもワクワクする部屋でした。

子連れ台湾旅行のホテル選びは繁華街の近くがおすすめ!

  • 繁華街の近く
  • キッチン洗濯機付き
  • 0歳児なら湯船(ベビーバス)が使えること

子連れなら繁華街の近くに泊まることをおすすめします。

子連れでも気軽に観光ができるし、繁華街近くや駅前ならタクシーも拾いやすいです。

あと、離乳食や持ち物が多いことを考えると、キッチンや洗濯機付きがベター。

実際今回の子連れ台湾旅でも、キッチンや洗濯機があって本当に助かりました。

でも、この条件だとホテルはちょっとお高めに。(もちろん余裕がある方ならそちらもおすすめ!)

そこで、繁華街の側でも安くて綺麗なairbnbも候補に入れると子連れ台湾旅行の楽しさが広がりますよ〜。

母ライオン
母ライオン

赤ちゃんがいる場合の移動は電車よりタクシーが断然おすすめです!

今回は西門町という繁華街のど真ん中に泊まりましたが、どこに行くにもUBERで500円程度でした。

  

なので、駅近というのは候補に入れなくても良いかと思います。

子連れ台湾旅、1日目から読みたい人はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました